前へ
次へ

週に1日の断食をするダイエット

断食ダイエットは流行りましたが、数日食事ができないつらさで挫折する人が多かったようです。
断食

more

現代人の食生活の現状と危機に関して

近年は輸入輸出の発展により戦後に比べると日本人の食生活は著しく変化してきました。
野菜や魚の生

more

食が細い人は味を変化させる工夫を

つい食べ過ぎてしまう人も多い一方で、食が細くて必要な量の食事ができない人もいるようです。
そう

more

ゴボウのあく抜きに水を使うか酢水を使うか

野菜を使うときにあく抜き作業をするときがあります。
生の状態だとあくがあり、そのまま食べると苦みが強くなるでしょう。
また調理をするとしてもあくの部分が美味しさを減らしてしまうこともあります。
基本的には切った後すぐに水にさらせばあくが抜けていき、さらに酸化による変色も抑えられます。
ゴボウのあく抜きをするときにも水を使うとの意見が多いですが、それ以外に酢水を使うとの意見を聞くかもしれません。
酢は色々な料理に使う調味料でありながらそれなりに味に影響を与えます。
酢の強い香りが苦手な人にとって酢水に浸けるのに抵抗を持っている人もいるかもしれません。
あく抜きが目的ならゴボウにおいても普通の水で十分行えます。
しかし水だけだと酸化が進みやすく変色はしてしまいます。
きれいな色を維持したいなら酢水の方が良いようです。
色を重視するのか味を重視するのかでどちらを使うかを考えればいいでしょう。
理由が分かれば使い分けもしやすいでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren8set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top