前へ
次へ

食が細い人は味を変化させる工夫を

つい食べ過ぎてしまう人も多い一方で、食が細くて必要な量の食事ができない人もいるようです。
そういう場合は味に変化をつけて唾液を出したり、視覚的に食欲をリセットする方法があります。
例えば、白米をご飯茶碗一杯食べたい場合、最初はおかずで半分まで食べて、そのあとふりかけなどで変化をつけると良いでしょう。
梅しそ味など酸味があるものだと唾液も出やすく、食べやすいのではないでしょうか。
喉を通らないならお茶漬けなどにすると負担が少ないかもしれません。
なめたけなどのとろみがあるものをかければ、さらに食べやすくなります。
パスタやパンなどでも同様に、後半は何かオプションで味の変化をつけるのがおすすめです。
パスタなら粉チーズや刻み海苔で風味をつけたりすると、香りで食欲が増します。
パンの場合は市販のパン用調味料も良いでしょう。
シュガーバターやツナマヨなど、乗せて焼くだけで味に変化が付きます。
食が細い人ほど食にこだわってみましょう。

Page Top